2匹のゴールデンレトリバーと暮らした、おばちゃんのブログ
一頭は老衰で。もう一頭は、悪性黒色腫で虹の橋へと旅立ちました。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
あぁぁ。。 やっぱり。。
数ヶ月前(正確には6月26日)、

時津風部屋の若い力士が部屋で死亡した事件があった。


当初は、事件と言うより、事故として扱われていたが、
親御さんは、納得していなかった。

亡くなった力士は、時太山(本名斉藤俊さん)17歳
稽古が辛く、何度か部屋を脱走していたと言う。
最後に脱走した時、父親は辛抱して頑張れ!と、励ましたらしかった。
本人が親に、どんなに苦しいか、詳しい事を話さなかったのかもしれないが、
稽古は凄まじいものがあったのかも?
もしかすると、稽古と言う名の扱きだったのかも?
そんな事が6月に報道され、その後、忘れられたようにも思えた。

が!どうやら、稽古ではなく、リンチ?だったのかも?

『時津風親方が立件へ』

親方もビ−ル瓶で額を殴る行為までしたいたらしい。

相撲の世界と言えば、親方は親も同然!
女将さんは、母親同然!の役割を果たし、
まだ中学を卒業したばかりの子供を実の親から【 預かる 】のだ。
大切な子供を預かる責任!
時津風部屋はそれが何処かへ行ってしまったのか?
行き過ぎでした。 やりすぎでした。と、言うのは誰でも言える!
人の命! その命を預かると言う、責任の重さをしっかり認識して欲しい!
全ての相撲部屋がそうだとは言わないし、
本当に親身になり、育てている部屋が殆どだとは思うけれど、
最近の相撲協会を見ていると、不信ばかりだ!

と、書きながら・・・
最近の大相撲、全然見ていない私なのですが・・。
(だって、全然面白くないんだもん!)
電話しました
フロントバンパー、朝になってもう一度見ると、
やっぱり違いが良く分かります。
私だけがそう思うのかなぁ〜?と、
お向かいのお姉さんを捕まえて、
見て見てぇ〜と、見て貰いました。
続きを読む >>
色が?
昨日、事故でへこんでいた、フロントバンパ−を新品と代えてもらった。
続きを読む >>
大晦日の出来事!
31日の夕方、4時前かなぁ〜?
29日に帰ってきていた息子と二人で、
実家近くのGEOの駐車場から県道に出る時・・・ 
車をぶつけられて、私の車は・・・・・ (泣)



でもまァ・・ 
全面的に相手が悪かったし・・
フロントバンパーの損傷だけで済んだからヨシとすっか?!

それにしても、モコのフロントバンパーってお安いですねぇ〜
見積り額が・・・ たったの45901円!
今度は現行犯逮捕!
植草教授、今度は痴漢容疑で現行犯逮捕 「覚えない」
電車内で女子高校生(17)の尻を触ったとして、警視庁は13日夜、名古屋商科大学大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)=東京都港区白金台3丁目=を都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した。逮捕当時、酒を飲んでおり「覚えていない」と否認しているという。
(asahi.comaより一部抜粋)

*******************************************************

今度は現行犯逮捕でした。
はぁ〜 『懲りない面々』って言うのがあるけど、
ほんと・・懲りない人って言うか・・ 病気だね。
でも・・信じて応援している人が居るって言うのに、
人の気持ちも分からないなんて・・・
懲りない人だから、そんな事言っても無駄か?!
個人で応援ブログを運営している方の昨日の記事ヘのコメント数が、1975、トラックバックが76・・。現行犯逮捕でもあなたは応援するの?これで逮捕は三度目だってよ!と・・要らぬお世話を思ってしまうのです。

個人的に・・・。
お酒を飲んでいたから、覚えていないって言うのが一番むかつく! 
(メ≧皿≦)=3 ムッキー!!
高専生殺害、男子学生の遺体発見
やはり・・。 最悪の事態になっていた。
夕方のテレビのニュースで、一部白骨化していたと言っていた。
事件後直ぐに自殺したのかもしれないが、今日まで容疑者を発見できなかったのは残念に思う。
被害者の両親も加害者の両親も真相が明らかにならなければ前に進むことも出来ないだろうに・・。 せめて走り書きでも良いから事件の事を遺書に書き綴っていればと・・・思う。

発見された容疑者の遺体は首と体が完全に離れていたという。
未成年とは言え逮捕状が出た時点で、直ぐにバイクの機種、当時着ていたた洋服、身長、体重、などの情報公開があれば、少年(容疑者)は自殺する前に逮捕されていたかも?そんな事も思ってしまう。

*************************************************
高専生殺害、男子学生の遺体発見
山口県周南市の徳山工業高等専門学校の研究室で、土木建築工学科5年中谷歩(あゆみ)さん(20)が殺された事件で、殺人容疑で指名手配されている同じ研究室の男子学生(19)の首つり遺体が7日、周南市に隣接する同県下松市内の山中で見つかった。死後数日経過しているとみられる。

 男子学生が逃走に使ったバイクも遺体の近くで見つかった。

 JR山陽線を利用する場合、下松駅は周南市徳山駅から2駅で約8キロ、徳山高専からは約5キロ離れている。

 調べによると、バイクは男子学生がふだん通学などに使っていた50ccのモトクロスタイプで、青色のホンダ製。事件当日、男子学生がこのバイクで高専を出るのを学校関係者が目撃していたが、その後の足取りはわかっていなかった。
(読売新聞)9月7日14時29分更新
山口県警! 何やってるんだ?!
少年が逃走に使用している原付バイクと同型徳山高専女学生殺人事件
なんともやりきれない事件です。高専って、頭が良くないとなかなか入れない学校だし、そんな学校のしかも校内(研究室)で起こった殺人事件。
被害者の親の気持も加害者(逃走中の19歳の少年)の親の気持も痛いほどわかる。しかし・・山口県警は何やってるんだろう?と、思ってしまう。
容疑者として指名手配された19歳の少年の情報は何も公開していない。原付バイクで逃走とだけ・・。 どんな原付バイクなのか? 身長は? 体重は? 当時の着ていたものは? 情報の公開は全く無い。
山口県と言えばお隣の県。原付バイクでも簡単に移動できる距離。何処かですれ違っていたとしても、気付く事も出来ない。
少年法を気にしすぎて、情報の公開が無いのか?
でも・・もしも少年が自殺を図ろうとしていたら・・。
原付バイクの情報をマスコミが公表した。 原付ってこんなバイクだったの?と、テレビで見てはじめて知った。私は黒の女の子でも乗っているような原付バイクを想像していたから。 バイクの色は青、結構目立つんじゃないの? 
捜査員も増員してやっと・・120名体制。
後手後手に回っているとしか思えない。
もっと敏速に危機感を持って進めるべきじゃないのかなぁ〜?
少年の所持金も2〜3千円だと言うし、お金に困って次の犯行を起さないとも限らない。昨日は実家の戸締りもしっかりして帰った。だって・・もしも・・って事だって有り得るんだもん。
容疑者の少年が逃走に使っているという原付バイクをアップして・・。
被害者の、中谷歩さんのご冥福を心よりお祈りします。
続きを読む >>
飲酒運転
幼児3人死亡、福岡市職員の容疑者逮捕・飲酒運転

飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな! と、言う。
なのに、未だに飲んで乗る奴がいる!
どうして運転代行を使わないんだろう?! 
加害車両の運転手(22歳)は、業務上過失致死傷容疑で現行犯逮捕。
それっておかしくない? 業務上過失致死じゃなくて、殺人容疑じゃないのか?! スナックを何軒も梯子して、何を言っているのか判らないくらい酔っていたという。業務上過失致死だけで罪に問われるなんて、絶対におかしい! 
殺人罪も視野に入れて、厳罰に処してほしい!


以下は、Yafooニュースよりコピペ。
********************************************************

叫ぶ母、わが子捜し4度海中へ 福岡3児死亡事故
 両親は必死に救出しようとした…。福岡市東区の「海の中道大橋」で、25日夜発生した幼児3人が死亡した家族5人車転落事故。4回海に潜り、沈んでいくRV内から何とか2人の子どもを救い出した母。立ち泳ぎで子どもを抱きかかえ救助を待った父。しかし、陸に上がったわが子の体は冷たかった。海中から見つかったもう1人の子どもも、助けてあげることはできなかった。愛(いと)しい3人を一度に失った両親は、ただ泣き崩れた。

 「ヘッドライトがまぶしいと思い、ルームミラーを見ると猛スピードで車が接近して来た。直後にものすごい衝撃と体に痛みを感じた」。大上哲央さん(33)は救助された後、事故の様子を親族らにこう話した。

 哲央さんは追突直後の記憶が、そこでいったん途切れている。気が付いたときは海面に浮いていた。どうやって車外に逃れたのか覚えていない。

 視界の中には頭部分を海中に突っ込んだかたちで転落したRV。後部荷台の窓ガラスは追突の衝撃からか大破していた。「子どもが! 子どもが! 」。大声で叫んでいた哲央さんの妻かおりさん(29)はそこから車内に潜り込んだ。

 哲央さんが運転、かおりさんが助手席。3人の子どもは後部座席に乗っていた。1回目。かおりさんは長女紗彬ちゃん(1つ)を車内から引き出し、哲央さんに引き渡す。2回目。二男倫彬ちゃん(3つ)も引き渡せた。3回目。残る長男紘彬ちゃん(4つ)を引き出そうとするがうまくいかない。車が沈み始める。いかないで…。すがりつくように4回目に挑んだ。だが、海中に沈んでいった。

 レスキュー隊員が投げ入れた浮輪にしがみついた大上さん夫妻。叫び声が夜の海に響いた。「もう1人中にいる! 助けて! 助けて! 」。2人の子どもを抱えたまま、通り掛かった漁船に救助された哲央さんとかおりさん。紘彬ちゃんも26日午前2時前に海中から引き上げられ、子ども3人は福岡市内の2つの病院に搬送された。しかし、だめだった。「ひろー」「ともー」−。治療室のカーテン越しに、わが子の名を呼ぶ哲央さんの叫び声が響いた。