2匹のゴールデンレトリバーと暮らした、おばちゃんのブログ
一頭は老衰で。もう一頭は、悪性黒色腫で虹の橋へと旅立ちました。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神様からの手紙
たまにしか更新しないブログなのに、
毎日、150〜200アクセスがある。
多い日は、もっと数が多い。
殆どの方が、検索を掛けて、ジャンプしていらしている。
検索文字は・・・【犬、メラノーマ、画像】
どれだけのワンコやニャンコがメラノーマと戦っているのか?
どれだけの飼い主さん達が必死で情報を収集しようと思っているのか・・・。
一緒に暮らしている動物達が【悪性黒色腫】【メラノーマ】と診断され、
残された日々を静かに暖かい日差しの中で過ごす事ができるのか?!

そんな時、何時も覗いている『ぶんたの家』さんのブログで、

『神様からの手紙』を見つけた。




以下は、 facebookより転載http://www.facebook.com/yasasiku



☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆  

みんなやさしくなあれ

神様からの手紙


例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。
しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、
いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。
大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。
そんな時、周囲の人の手助けがあれば、
前向きな気持ちになれるのかもしれない。
米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、
神様に手紙を送ったという話が
米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。
この母親の家ではアビーという14歳になるメス犬を飼っていたが、先月、病気で亡くなってしまったそうだ。
ずっと一緒に生活を送っていた4歳の娘メレディスちゃんは涙を流し、「どんなに寂しいか」を母親に訴えていたという。
そして、アビーへの愛情を忘れられないメレディスちゃんは、
母親にこんなことを言った。
「神様に手紙を書いたら、アビーが天国に着いたとき、神様はちゃんと『アビーだ』ってわかってくれるかな」。 母親はメレディスちゃんが話す言葉を書き留め、手紙をしたためた。

その中身は
「神様、アビーがいなくなり、とても寂しいです。
どうか天国でアビーと遊んであげてください。
アビーはボール遊びと泳ぐのが好きです。神様がアビーを見つけたとき、すぐに私の犬だと分かるように、写真を送ります」という内容。
幼いメレディスちゃんの精一杯の愛情が込められた手紙だ。

手紙と写真を入れた封筒には「天国の神様」とあて名が書かれ、ポストに投函された。手紙が届いたか心配する娘に、母親は「きっと届いたよ」と励ましていたそう。
すると10月27日、家の玄関前に金の紙で包まれた「メレディスへ」という小包が置かれていた。中には「ペットが死んだ時」という本。そして、そこには“神様からの手紙”が添えられていた。

「親愛なるメレディス。アビーは天国につきました。
写真が入っていたので、すぐにアビーと分かりましたよ。
もうアビーは病気ではありません。アビーはあなたと居るのが好きでした。天国では体を必要としないので、写真を入れておくポケットがありません。だから、あなたがアビーを思い出せるように、この本と一緒に写真を返します。素晴らしい手紙をありがとう。それから、手紙を書くのを手伝ってくれたお母さんにお礼を言ってください」

ニュースバインの記事の最後は
「誰が答えたかは分かっていません。
でも、米国郵便公社の配達できない手紙を扱う部署には、美しい魂があります」





☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆



一緒に暮らしている動物達は、私達より先に虹の橋へと旅立つ。
それは、病気であろうが無かろうが・・寿命の長さが違うから。
モモとネムが虹の橋へと旅立ってから、寂しくて寂しくて仕方が無い。
ネムが旅立ってからは、犬に触っていない。
あのネムの毛触りと、モモの感触を忘れたくないから・・・。
でも、きっと・・
モモもネムも、神様からの手紙のように、
もう病気ではなく、自由に楽しく遊んでいるのだろう。
私が行くその日まで・・・。


追記
私も、facebookをはじめています。
お友達になってみたいわぁ〜なんて、
奇特な方がいらしたら、
鍵コメ下さると、嬉しいです。













広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ




桜 咲きましたか?



広島市は、満開です。








今日は朝から雨が降ってるけど、

桜は、頑張って、今週末まで持ちそうです。






モモと、ネムが私の元から、逝ってしまった季節。











モモは、2008年5月16日

ネムは、2009年3月25日


10ヶ月とちょっとで、二匹を失った春。









昨夜、モモとネムが居なくなってから、
初めて、その日のブログの日記を読み返しました。

モモが、どんな仔だったのか?
ネムが、どれ程頑張ってくれたのか?


ネムが居なくなってから、仕事の量は倍以上になり、
おまけに、我が家の外装の工事や内装の工事、
姑の入院などなど・・。

病気のネムが居たなら、
きっとネムの環境も悪かっただろうなぁ〜と、思う。


もう一度、ゴルと暮らしたいと思う。


でも・・ それはまだまだ遠い先なのかも?







ほんとは大好きな季節だったんだけど、

今は・・・ 悲しい思い出の季節。






















広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ


シルバーのリング
昨年の7月の頃だったと思うけど、
シルバーのリングの事を書いたと思う。

モモとネムのゴールデンレトリバーのリング


友達のジュエリーデザイナーに頼んでいたんだけど、
忙しいらしく、何時の事になるか?
そんな時、ネットで見つけたお店。



金沢の FENDICafe

素敵なシルバーのリングがあった!!
ゴールデンのリングは無かったけど、
ボルゾイやサルーキー、ポメラニアン等の犬種のリングがあった。
それはそれは・・とぉ〜っても素敵なシルバーのリング。


玩具っぽいリングはよく見ていたけれど、
本当に素敵なリングだった。




昨年の12月、そのお店に、
ゴールデンのリングはありませんか?と、問い合わせた。

何度かのメールのやり取りで、
作っていただける事になった!!


そして、一昨日、私の手元に届いた!!
写真の撮り方がいまいちなんだけど、
裏側には、ゴルのシュルエットとハ−トのシュルエットが沢山ある。
素敵ぃ〜!!!





↓・・・お店からリングが届く前に頂いた画像。





↓・・・私のへたっぴな腕で撮った画像3枚!!



















ねっ!! 素敵でしょ?




モモの写真の多くはネガしかない。
昔は、デジカメ無かったし・・・。
そんな写真の中でも、モモの若い頃の物を・・ 3枚ほど。






↓・・・窓際の定位置でちょっと
    悲しくも見えるモモの顔。
    1歳ちょっとの頃のモモ
    この写真を見ると、涙が止まらなくなる。






↓・・・1歳前のモモと、若かった私。(笑)





↓・・・同じく1歳前のモモと、息子。
    そしてモモの友達。
    みんな虹の橋へと旅立ったけど・・・。








ゴルとまた一緒に暮らしたい!!

願いは叶うのか?

それは誰にも分からないけれど・・・。

虹の橋へと旅立った、モモとネムにまた会える日まで・・・。





金沢の FENDICafeの、池村様に、感謝!!
希望を叶えて下さって、ありがとうございました。











広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ



シルバーのリング
 モモとネムが旅立ったとき、
『 広島ペット霊苑 』 で虹の橋へ送り届けました。
勿論、立会い火葬。
長い煙突の先から煙が空高く上っていくのを見つめながら、
2時間くらい待ちました。
モモの時は、遺体を炉の中に入れ、
火葬のボタンのスイッチを入れましたが、
ネムの時には、システムも変わっていて、
炉の中に入れる所までしか見届ける事はできませんでした。
モモもネムも灰までちりとりでかき集めて、
人間用の様な大きな骨壷に、一つ残さず持ち帰りました。
モモは老衰でしたが、大きな病気も無く旅立ったので、
お骨は白く、とても綺麗でした。
ネムの時は、本当によくがんばったね!!と、
心から褒めてやりました。
モモのお骨とは違い、癌に侵されていた様が見ただけで分かりました。

二匹ともお骨はすべて持ち帰り、
足の指のお骨をペンダントに入れて頂きました。
二匹のお骨もペンダントも私達夫婦の部屋にあります。
将来的には、土に返してやろうと、思うのですが、
現在の住処にずっと住んでいるか?
先々で、この土地を私達の子供達が売却する可能性もあるかも?
などなどと考えると、現状では、
今の住まいの一角に埋葬する事もできず、
もう少し将来が見えてから・・・。
決断しようと思っています。
将来、土に返した後で、モモとネムを側に置いていたくて、
ペンダントを作ったのですが、
まだ、それを持ち歩く事はしていません。

ご存知の方も多いと思うんだけど、
私は、ネムを見送った時の最後のお別れでネムをなでてから以後、
ワンコに触っていません。
それは、よそ様のワンコを触る(撫でる)事が、
モモやネムに対して申し訳ない・・。と、思う気持ちがあったからです。
それと・・・モモを最後に触った感触、
ネムを最後に撫でた手の感触を忘れたくない!!
と、思う気持ちもありました。

モモの年老いた身体の感触、頭、胸、お腹、背中、尻尾・・。
全てをこの手でしっかり覚えて居たかったからです。
ネムの艶々とした綺麗な毛、細いシルクのような手触り、
それをしっかり覚えて居たかったからです。
数年経ったいまでも、その感触くは私の掌にあります。

もう、ゴルと暮らす事は夢のまた夢なのかもしれません。
でも、もう一度、ゴルと暮らしたい。
あの大きな身体を抱きしめたい!
足の悪かったネムを負んぶしていたように、
また、ゴルを背負いたい!!

叶わぬ夢・・・。



それでも、モモとネムが何時の日にか、
私にゴルを送り届けてくれるはず!!
それだけを信じて・・・。



それでも、ゴルと一緒に居たい!!


そんな思いを友達に訴えました。
ジュエリーデザイナーの友達に・・・。
シルバーでゴルのリングを作ってよ!!
って・・ そんなに優しい言い方ではなかったけど・・。(笑)
モモとネムの誕生石を小さくてもいいから入れて欲しい事。
リングの裏には『 momo&nemu 』 と、文字を刻む事。
ってね・・・。(笑)

何時になるかは分からないけれど、
友達は友達なりに、頑張ってデザインしているようです。
図書館に行って犬の写真集を見たり、研究はしてるようだけど、
玩具っぽいデザインのリングは欲しくないので、
あくまでも、リアルに綺麗なゴルのデザインでって・・。
ただ・・ 私のOKサインが出るのはもっと先になりそうだけど。

何時の日にか、リングが届いたよぉ〜!!
って、画像が貼れる日がきますように!!


頑張って、デザインしろよ!!!

と・・・ 友達のお尻を叩いています。(笑)





広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ





夏の夜は・・・・ 
夏の夜は・・・
暑がりのモモは何時も部屋の入り口の風通しのいい場所、
そして、エアコンの風があたる場所で寝てた。
ネムは、いつもの様に布団の上で、
私の頭の上の部分で・・。
だから、私はいつも敷布団から足がはみ出していた。

今は?
ネムがいつも寝ていた部分を空けて、
私、足をはみ出しながら寝てる。(笑)



モモとネムに会いたい!!



たまには、帰っておいで!!






広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ



モモとネムの写真 
 7月も今日で5日目、
夕方、孫ちゃん1号(5才)&2号(3才)を引き連れて、
スーパーに買い物に行くと、入り口に笹が飾ってあり、
短冊とサインペンが置いてあった。

そっかぁ〜 もうすぐ七夕だもんなぁ〜。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



と・・・7月5日に、ここまで書いて、非公開にしてた。
なので、それを使って、更新しまっす。

まずは、
先週の水曜日だったかな?
同居しているお義母様が、肺炎で入院。
(明日退院ですが・・・。)

私の仕事絡みのイベントが10日の日曜日にあって、
それまでの激務・・・。 (痩せる思いの忙しさだったが痩せなかった。)
とりあえず、イベントも終わり、次のイベントの打ち合わせ(今月末)
まで、ちょっとだけ暇。(暇じゃないけど・・。)



東北大震災の被災動物達、
未だ保護できていない動物達を、
懸命に保護していらっしゃるボランティア団体の方々、
その活動をネットで見ては・・・ 
辛い現状に、心が折れる。
しかし、4ヵ月経とうとしている、
風化させないためにも、
数日内に、まとめ更新したいと思っています。


伊豆大島で、被災犬を沢山保護して下さっているぷーさん。
5月末に会いに行ったんだけど、
小さな体の方でした。
どこにこんなパワーがあるのか?!
ただ・・・ 犬が好きだから・・・。
それだけでは、到底出来ない活動だと思う。
いくら感謝しても、感謝しきれない。
そんなぷーさんが、里親募集を開始された。
ワンコと暮らしてみたい!!と、思われる方。
是非、ぷーさんのブログへ飛んでって下さい。

ほらほらみんな〜〜お散歩いっくよ〜
『 二つのお願い 東日本大震災 被災犬』






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そんで・・・ 
本日のタイトル 『モモとネムの写真』 なのですが、
モモとネムの写真を数枚ずつ送らないといけないんだけど、
(訳は・・・ また今度・・・。)
写真を見れない。
日に日に、二匹に対する思いは強く、
時折、どひゃ〜っと落ち込み、
涙がぼろぼろと流れ、
情緒不安定。

でも・・・ 素敵な写真を見つけねば!!









↓・・・ 今朝の我が家からの空。
今日も暑くなるんかなぁ〜?

今朝の我が家からの空






広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ



二周忌
 
日付が変わったから、一昨日なんだけど、

3月25日は、ネムの二周忌でした。



未だに、ネムの闘病中の痛々しい画像を正視することは出来ません。





あの日、 

あの夜、


やはりこんな深夜に、
ネムの様子が、いつもと違っていました。
首を一生懸命上げて、部屋の中を何度も何度も見渡し、
目に焼き付けているようにも思えました。

携帯酸素を吸わせながら、

今夜かも

今夜逝くのかも、


そんな思いが過ぎります。


逝くのであれば、
苦しまず逝かせてやりたい。

ネム、もう頑張らなくていいよ。
いっぱい頑張ったんだから、
もう頑張らなくていいよ・・・。



神様、お願い!
ネムを連れて行くのなら、
苦しめず、安らかに、
眠るように連れて行って!!


何本目かの酸素を吸わせ、
ネムが静かに眠り始めました。

それを確認して、私もネムの傍で仮眠を取りました。

明日は、病院に連れて行こう!
病院に行ったら楽になるんだから・・・。

喉の奥に痰を絡めた様子のネムに、
そう語りながら・・
仮眠を取りました。


ハッ!っと気づき 目が覚めたとき、
ネムは一人で旅立っていました。


私に何も言わず、
私を起こす事も無く・・・。


ネムの最後に傍にいてやりたかった。
ネムの最後を看取ってやりたかった。



ネム、いま頃どうしているんだろ?

モモや他のワンちゃん達と楽しくやってるかな?



あれから二年、
まだ他所のワンちゃんを触っていない。

もう一度、犬と暮らせる日が来るならば、
モモとネムが送り届けてくれるはず、
どんなに拒否しても我が家に送り届けてくれるはず、
その日を・・・
ずっとずっと 待ち続けているよ。

モモとネムが、私達の家に、ワンコを送り届けてくれる日を・・・。





広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ

雨が降ると・・・ 思い出す。
 
この時期に雨が降ると、二年前の事を思い出します。

ネムが初めて山口大学動物医療センターに行った時のことを・・。

あの日の前の日も大雨でした。
当日の朝は、どんより曇り空で、
今にも雨が降り出しそうでしたが、
雨にもあわず、無事に山大へたどり着きました。

ネムだけを車に残し、
受付を済ませ、ネムを待合室に連れて入り、
ふと外を見ると、土砂降りになっていました。

雨の神様がネムや私が雨に濡れないように、
病院に入るのを待ってくれてたんだなぁ〜と、
なんだか嬉しくなったのでした。

ネムの担当の先生は、中市先生で、
田舎のおじちゃんって感じの方で、
とっても気さくで、分からない事や、疑問に思うことは
気兼ねなく聞くことが出来るやさしい先生でした。
この先生なら、大丈夫!
安心してネムを託すことが出来ました。
血液検査、胸のレントゲン、CT、放射線治療・・。
9時に病院に着いて、終わったのは2時を回っていたでしょうか。

一回目の放射線治療が終わり、
安堵したことを思い出します。

家に帰ってから、中市先生が、
どんなに素晴らしい先生かを、ネットで知ったのでした。

あれから、もう二年になるんだなぁ〜。
つい先日のようにも思える。
2年前の7月3日、モモの四十九日、ネムの12歳の誕生日



ネムやモモは、虹の橋で走り回っているかなぁ〜?
モモは犬嫌いで、他所のワンちゃんにはガウガウしてたけど、
みんなと仲良く出来てるかなぁ〜?
私が行くまで、お利口に待っててくれるかなぁ〜?








ランキングに参加しております。 
ポチっと応援よろしくです。
広島ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ


土砂降り

朝から雷と共に激しい雨が降りました。

雷の時は、1階の台所のテーブルの下に避難していたモモ

怖くて怖くて、パニックになっていたネム


いろんな事を思い出します。




我が家に四本足の仔が来るのは何時だろう?

パピーから飼うつもりは無いので、

相変わらず、里親募集のサイトやブログばかり徘徊しています。



そこで、思うことが・・・。

捕獲犬の情報や、迷子で保護され動物管理センター(保健所)に、
保護された仔の情報は公に公開されているのに、
持込の仔の情報は公開されません。
持ち込んだ飼い主を擁護するのです。
身勝手で持ち込んだ人を擁護する・・・。
よくわからんです。


話し変わって、里親募集のサイトを徘徊していると、
条件の一つに、家族全員の承諾が必要とあります。
これが私にとっては難題の一つです。
そもそも、モモを迎える時(ブリ−ダーさんから)、
お義母様が反対だったのです。
ご自身もポメを2匹も飼っていた経験があるにも係わらず、
孫(私の息子 当時中一)の、仔犬を見に行くかも?という言葉を聞いて、
『 私は一切面倒をみませんから! 』 と、仰り抜かしたのでございます。
ほんとに・・ なんと言うお婆でしょ?!
あれ以来、息子はお婆大嫌いになったようです。
そりゃぁ。。 なるわなぁ〜。。
理由も無く、行き成りきつい一発を発した訳ですから・・・。
嫁の私にきつい一発を発するならまだしも、
二人しか居ない可愛い孫の、それも男の子(大切な?跡取り)に言うんだから・・。
でも、無視してモモを迎えたんだけどね〜(笑)
勿論、お婆には、一切面倒を掛けませんでしたし、
モモはとっても利口な仔でしたから、
畳のお婆の部屋に入る事もありませんでした。

当時を思い出すと、最近始まったテレビドラマのワンシーンのようですな。(笑)
よほど私が憎かったのでしょうね〜。
私への当て付けが子供達へもとばっちりとなっていたのです。


まぁ。。 そんな事はどうでもいい。
過ぎ去ったことだ。。
と思いつつ・・・ 四本足の仔が家族に欲しい。
う〜ん〜 どうしたもんだろ?!











でも やっぱり 四本足の仔と暮らしたい!!







ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
広島ブログ復活しました。 応援、よろしくお願いします♪


あれから 一年


一年前の今日、雨が降りそうな変なお天気でした。
ネムの初めての放射線治療の日で、
地図を片手に高速を走りました。
初めての山口大学動物医療センター、
他府県ナンバーの車が沢山並んでいました。
担当医は中市先生。
気さくな田舎のおじちゃんって感じの先生でしたが、
帰って調べてみると、凄い先生でした。
不安でいっぱいだった私の気持ちも、
帰りには穏やかになり、
なんだか晴れ晴れとした気持ちだった事を思い出しました。

一年前の今日『 放射線治療 1回目 』


4回の放射線治療が終わった時、
中市先生と、もうお会いすることが無いんだ!
と・・ とっても寂しく思いました。
口腔内の悪性黒色腫は本当に性質が悪いけれど、
ネムちゃんの場合は、全てが早く適切だったから、
転移の可能性は少ないと思うよ。
そんな事を言われた記憶があります。






あれから、8ヵ月と20日余り、
掛かり付け医の先生にとっても良くして貰い、
ネムは苦しむことも無く、眠るように旅立ちました。



今日は、ネムの誕生日です!
モモが11匹のワンコを産んだ日です。


モモ・・・ あの日は、本当に良く頑張ったね♪ 偉かったよ。

ネム・・・ ネムは足が悪くて不自由だった? 
      ぴょこぴょこ飛ぶ様に走るネムが大好きだったよ。







もう行く事の無い、山口大学動物医療センター
でも、ここに来るって事は、命があるということ。
助けて貰える!と言うこと。
飼い主がどんなことをしても助けたいと願っているということ。



飼育放棄で、尊い命を管理センターに持ち込む奴!
引越しで飼えなくなったからと、管理センターに持ち込む奴!
結婚するから飼えなくなったと、理屈をこねる奴!
その手の中の、あなたの隣に今いる命は、
人間と同じ命なのです!
管理センターに持ち込む前に、
山に捨てる前に、自分で新しい飼い主を探す努力をして下さい!
何もせず、命を捨てる人間なんて、私は絶対に許せない!!

 
広島市動物管理センターで、新しい飼い主を待っている子犬達がいます。
ペットショップからワンコを迎えようと思われる方、
是非、動物管理センターの子犬達にも目を向けてください


子犬の飼い主さんを募集します(広島市動物管理センター)





ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
広島ブログ復活しました。 応援、よろしくお願いします♪