2匹のゴールデンレトリバーと暮らした、おばちゃんのブログ
一頭は老衰で。もう一頭は、悪性黒色腫で虹の橋へと旅立ちました。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
緑のサヘル








■設立:
1991年3月28日

設立趣旨:
地球的規模で種々の環境問題が顕在化してきている今日、事態を深刻に受けとめ、豊かな環境を次世代にバトンタッチすべきであるという考えに基づき、サヘル地帯に住む人々と共に地球住民の食糧自給の達成をめざし、砂漠化を防止し、緑を減らさない方策を講じながら、より積極的に緑を殖やす努力を推進し、地球環境の保全、自然生態系の復元に寄与したいという意志により設立。


カレンダー1冊で出来る国際協力

1冊のカレンダーで、30本の苗木を植えることが出来ます。


とっても素敵なカレンダーです。
お近く(広島)の方で、欲しいなぁ〜と、思われる方、
メールまたは、お会いした時に言って下されば、お分けできますよ♪

神父様は体調不良?
8月は幟町教会の入門講座も夏休みでした。
今日から二学期!じゃないけど、始まりました。

教会の神父様の執務室に行くと・・

えっ?  バンガンス神父様じゃない!
神父様は、どうしたん?

ちょっとだけ遅れて行ったので、
バンガンス神父様の事を聞くことは出来ませんでした。
代わりに、今日はジェリー神父様でした。(30代かな? まだお若い神父様です)
バンガンス神父様は80代のご高齢、
でもとっても楽しくユ−モアに飛んだ方です。
日本語も凄く堪能で、私が読めない漢字もすらすら・・。(笑)
お話しもとてもわかり易い・・。

今日はイエス様が復活された所のお勉強でした。
私にはちょっと難しい部分だったので、
しっかりと学びたかったんだけど、
良く判らないまま(疑問だらけ)終わりました。

最後にジェリー神父様が質問がありますか?と、仰ったけど、
何を聞いていいのやら? 質問をする前にしっかりと新約聖書を読まねば・・。


帰り際、小野島シスターとばったり♪
(私、シスタ−の勉強会にも通っているのだ!)
孫ちゃん2号は産まれた?と、聞いて下さった。
少し立ち話をして・・・。
数分の立ち話だったけど、小野島シスタ−のサバサバした受け答えの中、
教会に来ていて良かったぁ〜
と、改めて、幟町教会とのご縁を嬉しく思いました。


私って・・本当に教会が好きなんだなぁ〜
と・・今更ながらに思ったのでありまする。



あっ! そうそう。。
今日は大聖堂から、パイプオルガンの音色が外まで聞こえていました。
仕事があったから、お御堂へは入らなかったんだけど、
近々・・パイプオルガンの演奏会があるのかなぁ〜?
久々の教会♪
今度の日曜日に、仕事仲間がちょっとしたお祝い事をします。
それで、他の仕事仲間でお祝いのお花をカードと一緒に贈ることになりました。
カード、どんなのが良いかなぁ〜?と、まとめ役の私は朝から考えていました。
ご亭主殿に頼まれた用が一件あったので、お昼過ぎにお出掛け。
運転しながら、あっ! 教会に行ってみよ!と、思い立ち、
幟町教会へ・・。『パウロ書院』には、素敵なカードが沢山あるのです。
今月は入門講座も夏休みだし、シスターの聖書勉強会も夏休み。
久しぶりの教会・・。 なんだか、やけに静でした。
パウロ書院のシスターは、優しいお顔で出迎えて下さる。
心がとっても安らぐ。
お御堂に入って、静かに黙想。
教会って、何て素敵な場所なんだろう?!
心が、すぅ〜っと軽くなった。
明日は、心の勉強会♪
明日は幟町教会の、小野島シスターの聖書勉強会の日。
いつも、始まる前に少し雑談をしてから、
シスターの

『心を静に、色んな悩み事や日頃の出来事、心に痞えている物も
 全て神様に預けて、心を落ち着かせましょう。』

と、仰り、静かな数分の後に聖書の勉強へと入ります。
悩み事が沢山あるときは、心がなかなか静まりません。
そんな時でも、神様に一時、自分の心の悩みを預ける。
預かって下さる神様がいらっしゃる。
そう感じたとき、すぅ〜っと楽な気持ちになります。
小野島シスターの勉強会・・私は大好きです。
信者では無い者も快く仲間に加えてくださり、とっても有難く思います。

今月は明日が最後の勉強会で、来月は夏休みになります。
シスターに会えなくなるのはちょっと淋しいけれど、
夏の間、シスターはどこかへお出掛けだと仰っていたし・・
明日の勉強会で、夏休み分の心の拠り所も頂かなくては・・。。
心のお勉強 (本物を知る!)
昔々その昔・・・
息子が(私立)中学に入学した時、
保護者の宗教研究会がある事を知りました。
カトリック系の学校でしたから、勿論、校長先生は神父様です。
続きを読む >>