2匹のゴールデンレトリバーと暮らした、おばちゃんのブログ
一頭は老衰で。もう一頭は、悪性黒色腫で虹の橋へと旅立ちました。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ビーちゃんのメラノーマとの戦い 

 ビーちゃんは、口腔内に出来たメラノーマを切除し、
その後、抗がん剤治療になりました。
ネムもそうでしたが、ビーちゃんも病院が大好きワンコ!
どうして、こんなにいい仔なんだろう?と・・。
血液検査だって、抗がん剤だって・・
本当は嫌に違いないのに・・。

サナビーさんとビーちゃんの様子が目に浮かぶような
心がほっこり暖まるような・・。
あったかいコメントをサナビーさんから頂いていました。

ネムも抗がん剤治療をしましたが、
ビーちゃんに施された抗がん剤とは種類が違っていたようです。
ビーちゃんの抗がん剤治療が始まった、
2008年の暮れからの、サナビーさんからのコメントです。
ネムへのお気遣いがとっても嬉しいコメントでした。
そして、一度も会ったことは無いけれど、
ビーちゃんと会いたい! 会ってみたい!
と・・・・。 思うのでした。
一緒に頑張ろうね♪って・・・・・。



2008/12/26
ここ数日またまた多忙でした。やっとここにたどり着いています。
報告です・・27日に抗がん剤スタートでしたが、先生いわく年末が近いと何かと心配なので24日にやろう!・・との事で抗がん剤やってきました−!仕事が終わってからビーを家に迎えに行き、午後7時位に病院に着きまず血液検査で白血球が異常でないか確認後約30分ほどかけて100ccゆっくりと注入しました。先生によるとビーの体重からすると300cc必要らしいのですが、先生の指示する大学病院の教授の方法で拒絶反応などを軽減するために、2週間に1回のペースで抗がん剤治療を実施するのですが、100ccからスタートして徐々に300ccに向けて増量し、治療期間はおよそ4ヶ月だそうです。その後のことはビーの体調の経過を観察しながら治療方針を決めていきましょう・・との事でした。2日経ちましたが、最初の1日はよく寝ていたようで、私が帰宅するとビーの布団はぬくぬくに温まっていました(下から床暖房・・というのもあるのですが)。あと、多飲多尿気味かなという気がしますが、先生によると抗がん剤の副作用は近年のものは、吐き気と下痢だそうで、腎臓機能低下は殆どなくなったとおっしゃっていたので、もう少し様子を見てみようと思ってます。散歩してみると、ウンチも程よく快便、足取りも軽やかなので、大丈夫かな−?という感じです。まだ、口の中の手術痕が化膿しており、抗生物質を服用しているので、29日に年内最後の診察をし、1月7日に2回目投与です。ネムちゃんの様子を読んでビーにも思い当たるのですが、やはり痩せました・・数ヶ月の間に2回も手術を受ければやむなし、とも思うのですが、兎にも角にも気持ちよく、幸せに、穏やかな日々を送らせてあげたいものですね。・・ネムちゃんとももこ様ご家族が幸せに新年を迎えられることを心よりお祈り申し上げます。 

2009/01/08
コメント 明けましておめでとう御座います。ネムちゃんの写真かわいいです。我が家のビーと接していても思うのですが、本当になんてひたむきで、前向きなんでしょうね。
昨日も無事ビーの2回目の抗がん剤治療が終了したのですが、病院に率先して入り、先生、奥様、他の患者さんに<明けましておめでとう>と、最初のスマイルを振りまき、他のママさんに<一体どこが悪いの?>と聞かれる次第、病院でなにか治療をせねばならないことは承知しているようなのですが、抗がん剤を打つ前の血液検査の採血がおわると、<ママ終わったよね!>と私を見上げたかと思うと済ました顔で病室を退場しようとして、<本番はこれからだよ!>と奥さんに言われ、皆さんを笑いの渦に巻き込んでいました。抗がん剤100ccで約30分掛かるので昨日は、ビー専用の布団を持参した結果、前回よりも落ち着いて投与できました。次回2週間後もマイ座布団持参で行こうと思います。次回は150ccです。正月の様子は、信じられないくらい元気で、たっぷり1時間散歩した後も、もう1回いこうよ・・と誘われるほど元気で気力も十分な様子に、とても救われました。今年の正月はそんなわけで、ドコにも遠出することなく、食べる、寝る、ビーの散歩の3点セットを満喫しました。普段の生活では何日も日中一緒に過ごすことができないので、ビーにとっても私たち夫婦にとってもまさに、ゴールデンな日々でした。
今年も、お互いに幸せな1年になるといいですね。別れはいつか必ずくるけれど、共に過ごす日々が、限りなく幸せであるよう、感謝して、1日1日を送って生きたいとこの年頭に思うところです。因みに、写真をお見せできなくて残念ですが、家のビーの容姿はいまや、クロラブと認識してもらえないくらい、胴体、シッポ、頭、耳の外側以外真っ白で、顔はまるで麻呂様のような白いまん丸な眉毛まであり、手足は軍手をはいたようになって、他では見たことの無いカワユサを発揮しております・・なんて親バカしてます。


2009/01/23
ネムの3回目無事完了との事・・良かったです。ネムは口の中痛くないのでしょうか。私たちの願望ですが、せめて不快であっても痛くないといいですね。ネムが気持ちよく暮らせることを心よりお祈りします。我が家のビーも21日に3回目完了しました。経過は順調らしく150cc投与しました。次回は200ccだそうです。投与の翌日の散歩は、いつもより少しだるそうでしたが、毎日のコースは歩けました。ウンチ・オシッコ快調です。気のせいかもしれませんが、抗がん剤を投与すると少し抜け毛がふえるような感じがします。ストレスなのかなぁ。2週間毎に、気の引き締まる思いですが、もう少し時が経てばやがて春がやってきます、自分自身の事ではないだけに、身代わりになれるわけでもなく、そのけなげな姿に心痛める日々ですが、1日1日大切に笑顔で一杯の毎日を過ごさせてあげたいですね。










サナビーさんから頂いたビーちゃんの画は、
とっても素敵な画ばかりで・・・。
ビーちゃんは、何時もサナビーさんを見ていて・・・。
お口の周りと眉毛、そして・・ 足の先が白くて、
とっても可愛くて・・・。
ビーちゃんに会いたかった!
会ってみたかった!



ネムも病院が大好きでした。
何時も早く開けて!!と、私を引っ張っていました。
病気になるまでは、病院が大嫌いだったはずなのに・・。
病気になったとたんに、大好きになっていました。
不思議だった・・。



広島ブログブログランキング・にほんブログ村へ


ビーちゃんのメラノーマとの戦い 

 ビーちゃんのメラノーマとの戦い 

↑のビーちゃんの画を見て頂けたら、
ビーちゃんがどれ程優しい仔だったか?
お分かり頂けると思います。

ビーちゃんのお口中のメラノーマは、
肺と骨への転移は無く、
腫瘤の切除と抗がん剤投与で治療が始まりました。

我が家のネムの場合は、
発見当初肺への転移はありませんでしたが、
顎の骨に小さな転移が見つかり、
放射線治療を施しました。

口腔内のメラノーマの場合、
固体が若ければ(手術に耐えられるか?術後は?など等)、
腫瘤と顎の切除手術です。
ネムが、もっと若ければ、顎の切除もお願いしていたと思いまし、
大学病院(山口大学動物医療センター)の主治医も、
それを薦めていたと思います。

ネムは、12歳目前で発症。
ビーちゃんは、13歳8ヵ月で発症ですから、
顎の切除は年齢的に無理だったのでしょう。

山口大学の主治医からは、
メラノーマの仔達の追跡調査の結果を聞いた事がありますが、
顎の切除をした仔であっても、生存率が少なかったり、
腫瘤の切除と放射線治療、この二点だけでも、
二年以上の生存がある。と聞きました。
それでも、二年以上・・・。
二年しか生きれないの?
二年も生きられるの?
当時、複雑な気持ちで聞いた事を思い出します。



↓の画は、19年9月2日の、元気な頃のビーちゃん。

お母さんのサナビーさんの目をしっかり見つめています。
どんなお話をしてるんかな〜?








お口の周りや足の先が白くなって・・。
でも・・ 本当に良い犬ですねぇ〜。
優しいお顔がたまりません!!



↓は、サナビーさんからの、コメント欄への書き込み。

 2008/12/11
12月11日現在、手術痕は痛々しく、抜糸もまだで、かつ切り口から出血及び化膿しておりますが、日ごとに快方に向かっている様子で食欲も旺盛でバリバリ食べてます。手術時切断した患部は今大阪の病理検査にだして、完璧に切除できたのか紹介中です。散歩も手術の翌日から少しずつトライしてますが、日々歩ける距離が増えてます。つい先程から雪が降り始めました・・今日の夜の散歩は雪かきをしてからスタートです。色々な話をして恐縮です・・先日手術後5日目に動物病院の奥さんとビーの今後の余生についてお話をして<そーだよね!>と改めて感じたこと・・よだれが出ようが、脳が出ようが、お漏らししようが、それは人間が我慢すればよいこと、だけどビーちゃんが痛くて辛い思いだけはさせないようにしてあげようね・・と言っていただきました。ほんと、そうですよね。ネムも、ビーも、少しでも痛くて辛い思いをしないで、心穏やかに、幸せを感じて過ごしてもらえたら、それが私たちにとっても一番の幸せかも知れませんね。 

 2008/12/17
私たち夫婦は共働きなので、朝6時頃主人がビーの散歩をし、夜の6時半頃から私が歩きますが、ここ最近後ろ足の踏ん張りの利かないビーはこの冬、何度か足をすべらせ転倒したり、滑ったまま足が道路に広がって立ち上がれなくなり、お腹を持ち上げ<よっこいしょ>と立たせたりしながら、何とか頑張ってます。・・・雪の足型・・いいですね。13年も生きているのにそれはしてませんでした。早速私も今冬撮影しようと思います。
12月27日からはいよいよ抗がん剤の治療開始です。病理検査の結果はがっちり切り取れたようです。ちょっぴり喜んだり、悲しんだりしながら、ビーの命の灯と向き合っていこうと思います。


腫瘤の切除後のビーちゃんの食欲で、生命力、
生きようとする姿が分かります。
食べる事が一番ですもんね!

この頃のネムは、夏に放射線治療も終わり、
切除した腫瘤の後へ再発が見つかり、
効き目は個体差ではっきり効くとは言えないが、
効いたという症例もあるので、
抗がん剤を投与してみますか?と、
主治医から言われ、抗がん剤を始めた頃でした。
抗がん剤があるんだ!
もしかすると効くかもしれない!!
目の前が明るくなった頃です。

当時のネムの様子は、↓こちらから。
朗報に次ぐ朗報!! 2008.12.17
抗がん剤 一回目 2008.12.19
ネムの様子 (抗がん剤一回目の後) 2008.12.24
最近のネムの様子 2008.12.29



追記
サナビーさんより、大切なビーちゃんの写真を送って頂いて、
ブログにアップしています。
持ち帰りは、どうぞご遠慮下さい。 お願いします。





広島ブログブログランキング・にほんブログ村へ

ビーちゃんのメラノーマとの戦い 
悪性黒色腫(メラノーマ)で、検索して、
私のブログに多くの方がアクセスして下さっています。
多い日は、300近いアクセス数があります。

黒ラブのビッキーちゃん(ビーちゃん)の飼い主さん ( サナビーさん ) も、
検索でたどり着かれたお一人でした。
1995年4月6日生まれのビーちゃんは、
口腔内のメラノーマ発症が2008年の冬、
お母さん(サナビーさん)、お父さんの愛を一身に受け、
2010年9月26日、静かに虹の橋へと旅立ちました。
15歳と8ヵ月、天使のようなビーちゃんでした。

サナビーさんは、2008年12月、
我が家のネムが悪性黒色腫(メラノーマ)と、戦っている頃、
初めてコメント欄にコメントを書いて下さいました。

同じメラノーマでも、それぞれに病状も少しずつ違い、
主治医の治療法方や処置も違いますが、
動物医学も日々進歩していますし、
今、メラノーマと戦っているワンちゃん達の為に、
少しでも参考になれば・・・・。
と、サナビーさんの了承も得て、
ビーちゃんの事を少しずつですが書いていこうと思います。


初めてコメントを書き込んで下さったのは、2008年でした。
コメントの文面から、サナビーさんとビーちゃんの絆の深さが分かりました。
以下は、コメント欄から・・・・。


2008/12/06   
我が家の愛娘ビッキー(黒ラブ13歳8ケ月)は今まで病気らしい病気もせず、私たちが楽しいときも悲しいときも、いつも・・まさに<振り向けばいつもそこに君がいてくれた>楽しいことが大好きで、私たちが楽しそうに話していると必ずそばに来て笑顔で<なになに?私も入れてー>というばかりにシッポを振って参加する可愛らしさ、悲しくて泣いていると、寄り添って不安げに見つめて、慰めてくれる・・いつもいつも寄り添ってくれる・・そんなビーちゃんが今年に入って、春・・緑内障で左目肥大(現在トルソプトで理療中)・・10月ある朝目覚めると(一緒に寝てます)ビーちゃんの陰部からバケツ1杯ほどの濃が噴出・・10月25日に子宮蓄膿症と卵巣脳腫・卵巣肥大で摘出・・そして11月27日ホッペの内側に異物を発見し、病院で検査した結果12月3日悪性メラノーマとの事で摘出手術したばかりです。今後抗がん剤の治療で様子を見ますが、現状骨と肺への転移はないですが、油断できない状況です。不安なきもちでネットサーフィンしていてネムちゃんのブログを発見し、藁にもすがる思いでコメントしちゃいました。ビーちゃんが辛い思いをすることなく、気持ちよく余生を過ごしてくれたら・・<神様どうかもう
少しだけビーちゃんと一緒にいさせて下さい>と願うばかりです。ネムちゃんがんばって











サナビーさんから頂いた可愛いビーちゃんの画も・・・。

一番上は、14年3月5日
二枚目と三枚目は、16年2月8日
お口の周りが白くなって、
ちゃんとカメラ目線!
って言うより、お母さんをしっかり見つめてるんだね〜?
可愛いビーちゃんの画像です。

ビーちゃんと我が家のネムのメラノーマの治療方法は、
少し違っていますが、そんな事も少しずつ書いていきたいと思います。

口腔内のメラノーマと戦って虹の橋へ旅立った多くの犬達へ、
『 よく頑張ったね!!  元気に走り回って遊んでる? 』

今、戦っているワンちゃん、飼い主さん達へ、
少しでもお役に立てば・・・。
そんな気持ちです。






広島ブログブログランキング・にほんブログ村へ


悪性黒色腫 (口腔内のメラノーマ)

こんな拙いブログでも、
ほったらかしで、更新を怠っているブログでも、
毎日のアクセス数は、300を超えます。
ありがたいことです。
その多く(ほとんど)は、検索でジャンプして来て下さっているのですが、
検索文字が、

『悪性黒色腫 画像』『悪性黒色腫』『メラノーマ』『悪性黒色腫 犬』 

などです。
どれほどの多くの方が、一緒に暮らしているワンコの病気の事で、
必死に情報を収集したいかを知ることが出来ます。

ネムは、2008年5月末に初めて病院に行きましたが、
5月の初旬には口の中の異変に気付いていしまた。
当時、モモが寝たきりとなり介護に追われ、
ネムの事が後回しになってしまったのです。
言い訳はしません。
私が、後回しにしてしまったのです。

ネムの口の中の状態を見て、これは広島の動物病院では駄目だ!
と、思い、5月末、それまで通っていた病院から、
山口大学動物医療センターと連携が取れる病院を探し当て、
動物病院を変えたのです。
勿論、そこの先生とは初対面ですし、
初診の時は、食い下がりましたよぉ〜
そこしかネムの命は繋げないと思っていましたし、
今でも間違っていなかったと思っていますしね。

私のブログにコメントを下さる、
北海道のサナビーさん家のビーちゃんは、
免疫治療をしています。 もうすぐ15歳のラブちゃんです。

私、思うんだけど、病院選びって凄く大切だと思うんです。
そして、その仔の運命も変えてくれるとさえ思います。

あるブログで、保護活動をされている方が、
予防接種とフィラリアのお薬は○○病院、
去勢避妊手術は、××病院、
と・・・ 使い分けている。と書かれていました。
ワクチンやフィラリアのお薬は少しでもお安いほうがいいですもんね〜。

話を元に戻して、病院選びはとっても大切です。
口コミ情報もさまざまで、同じ病院を良いと言う人も居れば、
最悪だったという人も居ます。
主治医に対して、こちらは素人なんだから、
あれこれ言うべきではないのでは?と、思う人も居れば、
納得いくまで聞く人も居ます。
セカンドオピニオンを見つけることも大切です。

はっきりしている事は唯一つ。
ワンコやニャンコは人間の言葉が話せない!という事。
その仔の命は、あなたの掌の中にあると言うこと。

その仔と一日も長く、穏やかな日々が過ごせますように!
メラノーマと戦っている仔が、一日でも長く笑顔で過ごせますように!
そして、飼い主さんにとって悔いの無い日々でありますように!

ネムが旅立って、来月の15日で一年になります。
あの日のこと、まだはっきりと覚えています。
ネムの毛の手の感触、
お骨を拾った時の事・・。
ネムが火葬されて出てきた姿を見たとき、
本当のメラノーマの怖さを見ることとなりました。
あんなに癌に侵されていたのに、
とっても穏やかな日々を送れたこと。
飼い主の私にとっても、幸せな闘病の日々でした。
そんな幸せな日々が、検索を掛けておいで下さる飼い主さんや、
ワンちゃんにも訪れますように!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追記
検索でおいでくださった方へ
カテゴリから記事を選んで読んで頂けると幸いです。





  広島ブログ ブログランキング・にほんブログ村へ
広島ブログ、復活しました。 応援、よろしくお願いします。





突然ですが・・・。
ネムが昨夜の2時過ぎに、


モモの居る 虹の橋へと 旅立ってしまいました。


まだ信じられません。



とっても穏やかな、眠るような顔をしています。






ブログを通じて、

応援して下さった方々、

見守って下さった方々、

祈って下さった方々、



本当に ありがとうございました。




ネムは 最高の ワンコでした!!







  ↓・・・ランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログへ

病院に行ってきました! 抗癌剤七回目!

ネムの病院へ二週間振りで行ってきました。


立てないから歩けない。
歩けないから抱っこする。
車の中では身動きもせず、横になったままの姿勢でしたが、
病院へ着くと、着いたの?!と、言った感じで頭を持ち上げて、
車を降りようと動きます。
順番が来るまで車の中で待っていようと思ったのですが、
ネムは早く入りたいようで、待合室で待つ事に・・。






↓・・・待合室で良い子に順番を待つネム






↓・・・ 良い子で待つネムのアップ♪







と・・・そこで気付く愚かな飼い主=私。
首輪してない! リードもしてない!びっくり
待合室に入ってから気付く私でした。
首輪が無くても、リードが無くても、
自力で動けないんだから、良いですよね〜? と、
看護師さんに言う始末。冷や汗


順番を待って、診察室へ。
体重が21.3舛砲覆辰討い泙靴拭
流動食を食べているとは言え、体重は落ちています。
先生が身体を触って、脱水症状を起しているね?と、仰り、
最近、ネムの水の飲み方に疑問がある事を伝えました。


これからどうしたら良いのか?
どんな事が起きるのか?
何に注意したら良いのか?と、お聞きしたところ。


まず、一つ目に、抗癌剤の注射をすると元気になる事。
(食欲が出る事)があるので、治療の目的ではなく、
食欲が出るのなら、抗癌剤を続ける事も一つの選択だ!
脱水症状があるから、皮下点滴をした方が楽になれると思う!

と・・・ 二点の事を仰り、
今回も、抗癌剤の注射とそのショックを和らげる為のステロイドの注射、
それから、脱水症状があるので皮下点滴をしました。
皮下点滴の量もお聞きしたのですが、
家に帰った頃にはすっかり忘れました。悲しい

皮下点滴がネムにとっていい事なのか?
または、悪い状況になるのかは分からないと仰り、
まずはやってみましょう。と言う事で、
これでネム自身が楽になれば言う事無しです!

本当ならば、今日は血液検査とレントゲン検査の日だったのですが、
やらない方が良いと言うことで、両方とも無し!
これからは、緩和ケアを主に考えて下さるようで、安心しました。

皮下点滴でネム自身が楽になれれば本当に言う事はありません。
先生は、皮下点滴の間隔の目安として、
食欲がなくなったら点滴をする。
もしくは、毎日すると言うのも良い結果があるかもしれないと仰いました。

とりあえず、今日の皮下点滴で様子を見てから、
次の点滴に通おうと思っています。



本当は・・。
今日はネムを病院へ連れて行くこと自体が、
ネムにとって大きな負担になるのでは?
そして・・ 寿命さえ短くする事になるのでは?
と・・ 考えました。
ネムの状態はそれほど酷いのです。
今日が最後の通院になるかもしれないと思い、
病院に行く事にしました。先生にもそう申し上げました。
先生とお話しをして、緩和的にもまだまだやれることが沢山ある事、
ネムが楽になれる方法を先生も考えて下さっている事、
などなどが分かり、今日病院に行って良かった!と、心から思いました。
色んな選択肢の中で、専門医(信頼できる獣医師)と出会えた事が、
私にとって、また、ネムにとって本当に良かったと、思うのです。


ネムは、病院が大好きです。
元気な頃は、尻尾を振り振りドアを早く開けてよ!と、
自分から進んで病院に入って行っていました。
ここに来たら、楽になれるんだよぉ〜♪と、知っているかのようです。
そして・・ 病院から帰ると必ず元気になるのです。
不思議な動物病院です。 そんな不思議な病院の、
私が絶大な信頼を寄せている主治医、
ネム♪と、可愛がって下さる看護師さん達。
皆さんのお陰で、ネムは病院が大好きで、
ここに来たら楽になれるんだよぉ〜♪と、分かっているのでしょうね?





↓・・・帰りの車の中、ちょっとだけ元気が出て頭をあげています♪






今夜も、流動食のご飯を完食です♪
シリンジの吸い上げが悪くなっていたのですが、
ちょびちゃんの執事様 からシリンジを3本送って頂き、
今日届きましたました♪ 嬉しい
これでネムにしっかり流動食も食べさせる事が出来ます。
執事様、本当にありがとうございます。 <(_ _)> 



そして・・・  今夜のネム。
息遣いがとっても穏やかになりました。
何が良かったんだろう?
抗癌剤なのか? ステロイドの注射なのか?
それとも・・ 皮下点滴なのか?

今夜のネムは、本当に楽そうです。



ほんとに、病院に行って良かった!






  ↓・・・ランキングに参加してまっす! ぽちっと応援お願いしまっす!
にほんブログ村 犬ブログへ




携帯酸素

数日前から、動くのがしんどそうなネム。
まず、おしっこに行きたがりません。
と言うか・・ 行くのがしんどい!と言った感じで、
肺にかなりの負担が掛かっているのだろうと推測できます。


そこで今日、携帯酸素ボンベをドラックストアーで買って来ました。


夜、おしっこ&うんちの後で、息が荒くてしんどそうなので、
酸素を吸わせてみると、直ぐに楽そうになりました。


どんな時に必要なのか? どれ位で楽になるのかも分かったので、
これからは、酸素ボンベを使って行こうと思います。



本日のネム、食欲はいつもの通りで、シリンジで流動食。
今日はドライフ−ドが残っているので、お湯でふやかして、
栄養缶詰と一緒にミキサーに掛けて流動食に、
ネムは本当に、上手に食べるんですよ〜♪
その後で、お口の中を綺麗に洗浄して、お水を飲んで・・。
口の横に出来たメラノーマが大きくなってきて、お口が閉じられず、
メラノーマがはみ出していますが、触っても痛がらず、
ティッシュで綺麗に拭かせてくれます。


最近の我が家、ティッシュの消耗が凄く早いです。
涎拭いたり、ご飯の時に使ったり・・・。
一箱があっという間に無くなります〜。


今年は桜の開花も早いようです。
ネムと一緒に、満開の桜の下をドライブしたいと思っています!




  ↓・・・ランキングに参加してまっす! ぽちっと応援お願いしまっす!
にほんブログ村 犬ブログへ

本日のネムの食欲


一昨日、抗癌剤とそのショックを和らげる為にステロイドの注射をしました。

何故だか?分からないのですが、抗癌剤の治療をすると食欲が出るのです。
多分、ショックを和らげる為のステロイドのせいだと思うのですが。
と・・ 一昨日主治医にその事を話しました。

ネムの場合、食欲が10日間はあるのだと主治医に言うと、
ステロイドの注射でそんなに効くはずが無いんだけど・・。
と、不思議がられました。(実の所私も不思議で仕方がないのです。)
そして・・ その食欲は10間くらいでピタリと落ちるのです。
何でだろうねぇ〜?

でもまぁ、食欲が出ることは嬉しい事で、
今のネムの口の中の状態では、美味しく物が食べられるなんて、
程遠く、痛々しくて・・・。
缶詰も固めの物は食べたがらず、流動食のように柔らかく、
シリンジが使えるものしか食べたがりません。
折角、ネットで買った缶詰、どうしようかと考え、
少しお湯を足してミキサーに掛けて手作り流動食にして見ました。
案外と簡単に出来て、ビックリ! ネムも上手にシリンジから食べてくれます。
これで、沢山買い込んだ缶詰も役に立ちます!

もともと食い意地の張っていたネム、
母犬のモモはがっついて食べる犬ではありませんでしたが、
ネムは、自分のものはあっという間に完食して、モモが残した分も食べていました。
そんなネムですから、どれ位の量を食べさせたら良いのか?
体重と缶詰のラベルを睨めっこしているのですが、良く分かりませぬ。

ただ、一度に食べる量は知れていて、日に3回分けて与えているのですが、
あまり深く考えず、ネムが食べたいものを食べたいだけ食べさせる!と、言う事にしました。主治医も、食べたいものを食べさせてやれば良いと、仰ったし。


そこで、今我が家でネムに与えている缶詰一覧を公開です♪


  攴狄事療法食】プレミアムメンテナンス 犬成長期用 CPW 150g

◆ 【食事療法食】犬猫用 栄養アシスト(NRF)缶 170g

  【食事療法食】犬猫用 a/d 缶 156g

ぁ 【食事療法食】犬ロイヤルカナン 高栄養 缶 200g

ァ 敍段摸屠/】[ヒルズ] n/d 360 缶 [犬用] 【ペット0216】

Α 攷事療法食】退院サポート(ソフトタイプ) 缶 195g

Α 攷事療法食】犬猫用ロイヤルカナン 高栄養・免疫サポート 粉末 50g




書き出して見ると、お店が開けそうです。 (笑)

『退院サポ−ト缶』 『栄養サポ−ト缶』 は、そのままで、
その他の缶詰は、ミキサーに掛けて・・。
そして、ロイヤルカナンの高栄養・免疫サポートを混ぜてシリンジで・・。
ネムもシリンジに慣れて、上手に溢す事無く食べてくれるようになりました。
犬の学習能力の素晴らしさに脱帽ですな。
そして、合間にべビーチーズやカステラをおやつ代わりに・・。


ネムが病気になるまでは、完全手作り食だったのですが、
それを思えば、ずっと楽チンです。
ただ・・ 最初はシリンジで残さず綺麗に食べさせる事に苦労しました。
だって、シリンジで最後の最後まで缶詰の中身を吸い上げる事はとても難しいのです。そこで、缶詰が半分くらいになった時、少しお湯を足します。
すると・・ちょっと水っぽくはなるのですが缶詰の全てを吸い上げる事が出来ます。

と・・・ 偉そうに書きながら、
今夜、初めて試してみて成功したのですけどね〜 (笑)


明日は、ヨーグルトやバナナにも挑戦してみようと思っています。
小さくちぎったチーズは私の掌から食べられるので、
バナナも食べられるかな〜?と、淡い期待をしているのですが、
ダメなら、ヨーグルトに混ぜ混ぜして、流動食にする手がありますから。

子育てしてた頃、子供にヨーグルトとバナナって良く食べさせていました。母が最後の入院をした時もそうして食べさせました。
母は、 『美味しいねぇ〜 どこで習ろうたん?』 と、
言いながら、本当に美味しそうに食べていました。
その母も、先月末で亡くなって11年になりました。
モモが子供を沢山産んで、ネム一匹が足が悪くて、
実家にネムを連れて行くと、『 可哀相じゃけぇ〜家で飼ってやろうやぁ〜 』と、父に言っていましたが、何しろ父が大の犬嫌いで・・。 (笑)
母の願いは届きませんでした。


ネムの事、もしかするとモモと一緒に母も見守ってくれているのも知れません。 
最後の入院の時、モモの事をしきりに言うので、病院に連れて行ったことがあります。勿論、病院内へは入れません。
駐車場の車の中にモモを残し、母の元へ・・。

『今日は、モモが来とるんよ♪』と言うと・・。
二月の寒い日にベランダに出て、駐車場のモモを見て、

『モモ〜! ここよ!』

って、叫んでいました。

モモもその声に反応して、必死で母を見ていました。
遠い思い出ですな〜。



さてっと、本日のネム殿、

『 栄養アシスト缶 』 『 退院サポ−ト缶 』を一缶ずつ、
べビーチーズ 二個、
生クり−ムたっぷりのロールカステラ、を食べました。

明日は、ロイヤルカナンの『 高栄養 』にしましょうかね?
缶詰はたんと買い込んでありますから〜 どんと来い!ですわ。(笑)


そうそう。。
主治医はこれからの厳しいお話しはなさいませんでしたが、
と言うか・・ 私があえて聞かなかったんだけど、
執事さんからもアドバイス頂いたし、
そろそろ、携帯酸素ボンベなんぞも用意しようと思っています!
備えあれば憂いなし! って言うし、いざとなった時、慌てなくて済むもんね〜。



ネムがいっぱい食べてくれると、とっても気持ちが楽になります♪
残されたネムとの時間をいっぱい楽しみたいと思います♪
焦らずのんびり・・・のほほんとマイペースでね。





  ↓・・・ランキングに参加してまっす! 
にほんブログ村 犬ブログへ
抗癌剤 六回目

今日はネムと病院に行ってきました。

抗癌剤の日は昨日の予定だったけど、
雪は降るし、霙は降るし、寒いし・・・。
そんで、一日伸ばしたという訳です。

最近のネム、流動食をシンリンジで与えてやっと食べてくれる。
そんな状態だったのですが、

  

  病院へ行くん?



と、感じ取った瞬間、元気になります。
一階へ降ろす(普段は二階の私達の部屋で過ごしています)と、
廊下を走ります。(おいおい そんなに元気にならんでも)


車の中では、座っているか? 伏せているか?
以前に比べると、とっても大人しくて・・。
やっぱり体力が落ちてるんだなぁ〜と、切実に感じ、
病院へと到着しました。




↓・・・ 車の中のネム






待合室に入ってからも、いつもなら立ったり座ったり、
外を見たり、椅子に足を掛けたりと・・ 落ち着きが無いのですが、
今日はずっと伏せの状態で、頭だけがあっち向いたり、こっち向いたり・・。
それでも、家に居る時よりずっと元気です。




↓・・・ 診察の順番を待つネム






順番を待って、診察室へ・・。




数日前から食欲が落ちている事。
顎の付け根辺りが腫れていること。を、伝え、
流動食をシリンジで与えている事、
食欲が無いので好きなもの(食べてくれるもの)を与えている事、
口の中を洗浄している事など、先生と少しお話ししました。
先生も、好きな物(食べたがる物)を食べさせた方が良いと言うことでした。


抗癌剤の治療の時に、ステロイドの注射をするのですが、
そのせいだと思うんだけど、抗癌剤投与の日から食欲が出るのです。
食欲は10日間くらい続いて、ガクン!と、落ちるのです。
先生も食欲が出るのはステロイドのせいだろうと仰ったけど、
10日間も続くのは、違うと思う。と、仰り、
先生と二人で、何でだろうねぇ〜?と・・。
そんで・・ 抗癌剤の副作用は一切無い訳で、
家に帰ってから、ぐったりする訳でもなく、食欲は出る!
と言う事で、六回目の抗癌剤を受けてきました。


抗癌剤の飲み薬は止めて、食欲の無い時だけステロイドを飲む事になり、
処方して頂き、ついでに流動食の缶詰も1ケース買って帰りました。

帰ってから、高カロリーの缶詰にお湯を少し足して、
ミキサーで流動食に、シリンジでネムに与えると、
ペロペロと食べてくれます。
これは良い感じだぞ!と、器ごと口元へ持っていくと、
シリンジ無しで、ペロペロと食べました。 (^^)v

仕事帰りに美味しそうなロールケーキがあったので、
買って帰り、ネムに見せると食べたそうな仕草。 (^^)v
カステラの部分やクリームの部分を美味しそうに食べてくれました。
今日はほんとに良く食べてくれて、元気も出てきました。
やっぱり、口から食べる!って事が一番だ!と、再確認の一日でした。



普通の硬さの缶詰もミキサーに掛ければ流動食になる事がわかり、
買い込んだ缶詰も充分役立ちそうです♪

やっぱり食べてくれるとすんごく嬉しい。
無理強いせず、美味しい物を美味しい!と、食べてくれるように、願い!
明日は、病院で買った、退院・サポ−ト缶で責めてみようと思います♪








  ↓・・・ランキングに参加してまっす! 
にほんブログ村 犬ブログへ




一日で?!

ネムの口の中のメラノーマ、日々進化を遂げています。


一昨日の夜のネムと、昨日の夜のネム、
一日にしてこんなに顔が変わりました。
(撮る人が下手だから分かり辛いかも?)

右の頬が大きく出っ張ってきました。
触ってみても痛がる事はないけれど・・。

多分、口の中のメラノーマが骨に転移して、
どんどん大きくなっているのだと思います。


↓の画像は、一昨日の夜のネム(首に実家の神社のお守りぶら下げています)











↓の画像は、昨日の夜のネム











ご亭主が・・。



『口の中だけでも綺麗に取って貰えんのかのぉ〜?』


『そしたら、ご飯が食べられるのにのぉ〜』



と・・・ 言います。






そんなん、無理です。
肺の中はかなり白くなって来ているはずです。
麻酔を掛けると、そのままでしょう・・。



どんな口の中になっても、ネムが痛がらない限り、

美味いもんをせっせと運びますよ!



なんだか、母鳥が雛に餌を運ぶ気持ちですな。




今日の広島市、とっても良いお天気!

今日も一日、頑張ろう〜!!






  ↓・・・ランキングに参加してまっす! 
にほんブログ村 犬ブログへ