2匹のゴールデンレトリバーと暮らした、おばちゃんのブログ
一頭は老衰で。もう一頭は、悪性黒色腫で虹の橋へと旅立ちました。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ハスキーの里親様を大募集! | main | 子猫殺害事件 (広島市) その後の経過 >>
これが現実!子猫殺害事件 広島市 


私の住む広島市で、子猫の虐殺事件がありました。
殺害では無く、虐殺と言ってもいいと思います。

広島のボランティア団体が、男の家に招き入れられ、
(強制的に入った訳ではなく、話し合いの元入っているようです。
 すんなりと、招き入れた。と、書かれています。)

壁一面に飛び散った子猫の血液。
何度洗っても落ちていない血液のあと・・・。
男は、今年になって、12匹の子猫を次々と貰いうけ、
叩き殺していました。

警察が入りました。
しかし、現行犯ではない事、
本人が、『もうしません。許してくれ』と、謝っている。
などの理由で、事件として取り上げてくれません。

広島県警、ほんまにあほ県警で、 ろくなもんじゃぁ〜ありません。
テメエラ、広島市民の税金で食ってるんだろうが?!!
と、言いたいところですが、 冷静に動かなければいけないとも、思います。


小動物虐待、もしくは殺害する人間の矛先は、
子供(人間のもっとも弱い子供達)に、向けられます。
そうなってから、警察が動いても手遅れです。



詳しくは、↓をクリックして下さい。

犬猫みなしご救援隊 栃木拠点の、ブログです。
辛い映像とかは、一切ありません。


これが現実
   できること


子猫の虐殺(殺害)または、里親偽装事件などなど・・
全国各地で起こっています。 現実を、真実を知って下さい! お願いします。



個人的に思うことは・・・。
小動物虐待、もしくは殺害の常習者は、
個人情報保護法など関係なく、公表すべきだと思います。
小さな子供を持つ親達は、そんな人間が一番怖いのですから・・・。




広島県警に一言。

市民、県民の為に、現行犯でなくとも、
証拠があれば、逮捕すべき!!と、思います。


最後に、広島市、またはその周りの個人ボラさんで、
子猫を譲渡された方は、今一度、元気で居るか?
と・・・ 確認の訪問をして頂きたいと思います。










広島ブログ  ブログランキング・にほんブログ村へ



COMMENT









Trackback URL
http://blog.momoko126.lolipop.jp/trackback/1529426
TRACKBACK